販売士3級をめざす!あなたのためのサイト

販売士3級過去問題を上手に使って独学で試験を突破!

あなたに小売業界の知識がある、または勉強に慣れているのであれば、販売士3級資格を独学で取得することは充分に可能です。

 

まず問題集と教科書を用意

 

まずは過去問題を用意しましょう。過去問題は市販のものもありますが、日経MJ(日経流通新聞)には過去問題と回答例が掲載されています。図書館でコピーすることも可能です。

 

次に教科書ですが、3級販売士ハンドブックは資格を実際の仕事で役立てたい方には必須です。試験に合格することが第一目標の方は市販の教科書でもよいでしょう。ただし市販の教科書は、2013年からの新試験に対応していることを確認してください。(新試験は2012年の第70回から始まりますが、完全に新制度へ変わるのは71回からです。)

 

新試験制度については、こちらをご覧ください。

 

販売士3級の試験方式が変わりました!試験時間と問題数に注意

 

最初に問題集、それから教科書

 

過去問題を一回分解いてみます。間違えた箇所、わからなかった箇所を教科書で確認します。この段階で理解できないところがあっても悩まないでください。次に別の過去問題を解いてみます。同様にできなかった問題を教科書でチェックします。このパターンで過去問題を5回分解いていきます。

 

次に最初に解いた過去問題に戻ってもう一度やり直します。間違いは前回より少なくなっているはずです。ここで間違えた問題はあなたが苦手としているものですから、教科書をじっくり読んで理解しましょう。同様に一度解いた過去問題を解いていきます。

 

最後は2回目と同じことを繰り返すわけですが、同じ問題を繰り返し間違えるということはないですか?(私はあります。)その部分は目立つようにしておきましょう。試験直前に見直すのに役立ちます。

 

新試験制度に対処するために

 

販売士3級は2013年から新試験で実施されます。ただ内容が大きく変わることはないと思われます。理由は、2012年7月実施の最後の旧試験が新旧のハンドブックどちらで勉強しても対応できるようになっているからです。ハンドブックの内容が大きく違えば、このような試験は実施不可能になります。

 

ですがこれはあくまで推測です。実際に新試験が実施されてみないと内容はわかりませんので、あくまで独学で合格を目指す方は、2012年7月に受験するか、2013年2月試験の問題を手に入れたうえで2013年7月以降に受験するのが無難です。もしくは改訂のない2級試験(2012年10月)を受けるというのも手です。

 

ハンドブックの改訂については、こちらをご覧ください。

 

3級販売士ハンドブックが改訂されました。問題の9割はここから出題されます

資格スクール大栄の販売士3級講座

資格スクール大栄は初心者教育のエキスパート。あなたが資格を取るのは初めて、という場合でも安心して学べる学校です。
授業は録画された授業を視聴する形です。一流の講師の授業が、全国の大栄で等しく受けられます。従来のように時間割りに縛られる必要はありません。あなたのペースで、あなたの予定にあわせて勉強できます。

しかも講義は繰り返し聴けるので、聞き逃しなし。理解できるまで何度でも繰り返せます。

講師は皆とてもフレンドリー。質問も気軽にできます。

もちろん新試験制度に対応しています。

資格取得後の就業サポートで、あなたを就職まで導いてくれます。

大栄の販売士3級講座について詳しく知りたい

大栄の販売士講座への資料請求はこちら
販売士